手回し懐中電灯

今日はロボットではありません。

数年前にイケア(IKEA)で買った、手回し懐中電灯が充電できなくなりました。
家族でキャンプに行ったときなどに使っていたのですが、
中でカラカラと音がするようになり、手回しのハンドルを回したときしか、LEDライトが点灯せず、
充電できていない状態でした。

きっと中に入っている充電池のリード線が切れているんだろうな、思っていましたが、
今回、修理することにしました。

外観はこんなものです。

画像


ハンドル側を精密ドライバーのマイナスでこじ開けました。

画像


ネジ切りはされてなく、押し込んではめこむようになっており、引っ掛かりの部分が割れてしまいました。

画像


ハンドルのギア部分

画像


ギアを持ち上げると基板がありました。

画像


さらに基板をとめているネジをはずして持ち上げると、奥に大容量コンデンサが落ちていました。
基板にハンダ付けされていたものが、外れてしまったようです。

画像


画像


画像


コンデンサは 1.0F , 5.5V品 でした。
充電池が入っているかと思っていましたが、コンデンサでした。
大容量コンデンサであれば、充電池より長持ちしますかね。

組み立てなおしましたが、こじ開けた部分がへこんでしまい、さらに内側の引っ掛かり部分を折ってしまったので
ビニールテープでとめました。
オンボロ感な外観になりましたが、正常に動作するようになりました。

画像



画像

(光の関係で違う色合いに映ってます)


ロボットは、8個のサーボモーターをコントロールする方法を調査中です!










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック